またまたアームストロング氏がやっちゃいましたね。

Yahoo!ニュースにでてますが、

「自転車競技からの永久追放処分を受けたランス・アームストロング(Lance Armstrong)氏が、飲酒運転で事故を起こした上に、同行していた恋人が身代わりとなって罪をかぶっていたことが3日、米メディアの報道で明らかになった。」

とのこと。(引用:Yahoo!ニュース

 

それ以前から、ちょっと意味不明な言動が激しいアームストロング氏

・八百長確定後もまだ「ツール・ド・フランスの王者」だと言い続ける

・1995年に戻るなら、またドーピングをするだろう

など、ちょっと何言ってんだコイツ状態な気がします。

 

元からこんな人だったのでしょうか?

それともドーピングでの勝利が彼をこんなアホな感じにしてしまったのでしょうか?

それともそれとも、これがお金になるとふんで炎上商法狙いなのか・・・・・

 

正直、アームストロング全盛の時代にレースを見ていなかったので、

思い入れが無くてよかったです。

とりあえず、今グランツールを勝利するような選手にドーピング違反が出ないことを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です